2018年 ラスベガス旅行の旅程⑤(ページ/モニュメントバレー観光編)

2018年8月のラスベガス旅行の3日目の計画について、忘備的に記載します。
3日目のアンテロープキャニオン~モニュメントバレー観光編です。
ページのホテルを出発し、アンテロープキャニオンツアーに参加します。
その後、モニュメントバレーに移動し、モニュメントバレー内のホテルに宿泊します。
総移動時間は2時間(123マイル)になります。

3日目の朝食

朝食がつく宿泊ですので、ホテル朝食の一択です。

近所のファーストフードやスーパーも早朝から営業しているので、選択肢は多いです。

チェックアウトは11時ですので、食事後ゆっくり過ごしてから出発できます。

ホースシューベント

朝時間に余裕があれば、ホテルから車で9分のホースシューベンドを見に行きます。
ホースシューベンドは午後では逆光になるため、午前中の早い時間に行った方がよいそうです。日の出は5:40位になる予定なので、朝食前に行ってもよいかもしれません。

ホースシューベントを見たのち、時間があれば、一度ホテルに戻って休憩してもよいかもしれません。11時前には、アンテロープキャニオンに向かいます。

アンテロープキャニオンの時差

夏季のラスベガスとページ(アンテロープキャニオン)は時差がありません。

厳密には、ラスベガスは太平洋時間(PST)であり、ページは山岳部時間(MST)とタイムゾーンが異なり、時差は1時間あります。

しかし、夏季にはラスベガスのあるネバダ州はサマータイム期間には太平洋夏時間(PDT)として1時間時計が進みますが、ページはアリゾナ州の規則により、サマータイムの適用がありません。そのため夏季はラスベガスの時間(PDT)とページの時間(MST)が一致することになります。(逆に冬は1時間時差が発生する)

以下はタイムゾーンサイトへのリンクです。
現在の時差が確認できます。

夏冬や基準となるタイムゾーンを誤ると、ツアーに遅刻してしまうことも考えられます。
そのためツアーに参加する場合、各ツアーの発着時間がどのタイムゾーンで記述されているのか確認する必要があります。
私たちの参加するツアーのHPには以下のように記載があり、MST基準のスケジュールであることが分かりました。ラスベガスのタイムゾーンに合わせておけば問題ないようです。

 In winter, Antelope Canyon time is 1 hour ahead of Las Vegas time; In summer, Antelope Canyon time is the same as Las Vegas time.

アンテロープキャニオンツアー

アンテロープキャニオンには、アッパー/ロウアー/Xなどツアーがあります。
私たちはアッパーアンテロープキャニオンの12時のツアーに参加予定です。
1時間前に集合する必要があるので、11時まで到着している必要があります。

アンテロープキャニオンの受付で予約表を渡して、チケットを受け取りツアーに参加します。
その際、1人8ドルの入園料?(Indian environmental Permit Fee)を現金で支払います。

あとはツアー開始まで待ちます。
ツアーは1時間30分程の旅程で、以下のように移動します。

  • ジープでキャニオンまで移動
  • キャニオン内を歩き、観光
  • ジープで集合場所まで戻る

キャニオン内へは三脚やリュック、セルフィー棒の持ち込みは禁止されています。
財布とスマホ位しか持ち込めなさそうです。

じっくりCMや写真でしか見たことのないアンテロープキャニオンを味わいます。
天気と時間が合えばキャニオン内に日光が差し込むビームも見ることができるかもしれません。

ただし観光客がたくさん来ており、混み合っているという情報もありますので、少し不安もあります・・・。

アンテロープキャニオンを堪能した後、次の目的地のモニュメントバレーを目指します。

休憩・食事

モニュメントバレーへの移動のため、ページより東に進みます。
ページからモニュメントバレーの道のりは、マップで見る限り、かなり田舎です。
ガソリン、食料には余裕を持って行動する必要がありそうです。

カイビード

あまりめぼしいものが見たりません。
スーパーと隣接するガソリンスタンドを1か所だけ発見しました。

ショント

カイビートより東南に向かうと、T字路に当たり、近辺にガソリンスタンドが見つかります。
マップを確認すると、経路にはほとんど町がなさそうです。
その為、ここで休憩するときは、ここに来るしかなさそうです。

カイエンタ

ショントのガソリンスタンドから東に40分進むと、カイエンタという町に到着します。
カイエンタにはスーパー(Bashas)がありますので、軽食や飲料水の購入できる予定です。
モニュメントバレーに行く場合、カイエンタより先にはスーパーはありません。
そのため、旅行に必要なものはカイエンタで購入する必要があります。
またカフェやピザ屋、マックなどもあるようなので、ここで食事を取ることがあるかも知れません。

モニュメントバレー

カイエンタより北東に24分ほどで、モニュメントバレーに到着します。
私たちはモニュメントバレーのザ・ビューホテルに宿泊予定です。

ザ・ビューホテルは、モニュメントバレー・ナバホ・トライバル・ パーク(Monument Valley Navajo Tribal Park)内にあります。
ここはアメリカインディアンであるナバホ族に管理運営されている公園であり、ザ・ビューホテルもナバホ族の運営です。
公園への入場チケットは車1台につき20ドルであり、公園入口のゲートで現金のみの支払いです。ゲートで支払った際のレシートは公園の入退出時に必要になるので、なくさないように注意が必要です。

ザ・ビューホテル

ザ・ビューホテルは、ホテルの客室からモニュメントバレーの絶景が楽しめるホテルです。
このホテルの2クイーンベッド・プレミアムビュー・ルームを予約していました。
(プレミアムビューと通常の部屋の違いは、フロントからの距離らしい)

ホテルのレストランでは、ナバホ料理が楽しめるらしいです。
子供が口に合わなくて食べれないこともありそうなので、軽食も持って行ったほうがよいかも知れません。

ビューホテルからは、美しいモニュメントバレーの朝日も眺めることができるそうです。
逆にモニュメントバレーでの夕日はホテルから見ることができないそうですので、ホテルの外で眺めるか、ツアーに参加するなどが必要になります。当日の日の入りは19:40頃の予定です。

バレードライブ

バレー内はバレードライブと呼ばれる道路が走っており、公園の入園料を払えば誰でも自家用車で走ることができます。バレードライブは未舗装の悪路であり、車の故障やキズを付けてしまう可能性があるそうです。さらにバレードライブは私道のため、レンタカーの故障・傷の保証外になりますので、レンタカーで走らない方が無難のようです。
またバレードライブは徒歩禁止ですので、徒歩を楽しむには現地ツアーに参加する必要がありますがあります。

ジープツアー

ビューホテルの隣のビジターセンターにて、現地ツアーがを申し込むこととができます。
ツアーはジープツアーや乗馬ツアー、ハイキングトレイルツアーなどがあるそうです。
一番手頃で主流なのはジープツアーらしく、ナバホ族の現地ツアーガイドが名所を案内してくれるそうです。

私が見つけたツアーの価格は2.5~3時間のツアーで1人70~90ドルくらいです。
半日ツアーで160~200ドルでした。
名所めぐりや歴史的なものを周るなど何種類かあるようですので、現地で話を聞いてからどれに参加するか決めようと思います。

赤土の粉じんがすごいらしいので、精密機械は注意が必要。
サングラス、マスクの準備は忘れずに。

ジープでモニュメントバレー内のピュートやメサ、インディアンの生活などを観光します。

気温

8月は30度を超える暑さになるそうです。
しかし、砂漠ですので夜は冷えるようです。
夜に外出することはないと思いますが、上着はあった方が良いようです。

就寝

ホテル周辺に明かりがないので、見たこともないような星空が見られると思います。
個人的には、この旅路で一番楽しみにしている場所で、とても期待しています。
ただし、疲れが溜まってきていると思うので、無理しないで寝るように心がけます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. DAI より:

    初めまして。DAIと申します。グランドサークルをレンタカーで行く旅行を丁度企画していて、このサイトに行きつきました。興味深く、また非常に参考になりました。
    1点、教えていただきたいのがアンテロープキャニオンの予約・集合場所についてです。どの予約サイトもあまり相違ないような記載でしたが、集合(受付)場所はpageなのでしょうか?それともアンテロープキャニオンそのものにまず行くような感じなのでしょうか?

    • ball003 より:

      DAIさんコメントありがとうございます。
      アンテロープキャニオンツアーは、アンテロープキャニオンに直接自家用車では行けません。
      page内のツアーの集合地点(Antelope Canyon Navajo Tours)から、ナハボ族ツアーのジープに乗ってアンテロープキャニオンまで移動します。
      ツアーでは、リュックだけでなくハンドバックなどのカバンも持ち込み禁止されていますので注意ください。
      またPage市内の携帯の電波も悪いので、ご注意を・・・。(AT&Tはほぼ壊滅、Verizonだと使えました)
      グランドサークルのレンタカーの旅楽しんで来てください。